So-net無料ブログ作成
検索選択

「わたしを離さないで」(2010) [映画・テレビ]

やっとこさ劇場鑑賞。
未来のような過去。あぁ、とてもステキでうまい舞台設定だ。ガジェットは最小限、それも物語を支える医療上の成功ふたつを含めて、実現されていてもおかしくないものに限定されている。現実で見ないモノは画面の中にも無い。
これから夏の間、ボクは金とCGに振り回されたバカみたいな映画をたくさん見るだろう。というか多分、夏が終わっても。
その塵芥にこの映画のレベルを期待してはいけないのだろうね。
途中何度か涙をこぼしながら、SFはこんな風に書いてもらいたいたがってるし、こんな風に撮ってもらいたがってるんじゃないか、と思いました。
ボクはね。

見終わって、今すぐもう一度見たくなった。
でもそうしたら子供時代の彼らのなんでもないところを見るだけで泣き出すだろうけどね。
疑似通貨買い物の練習をするバザーのところで、テーブルに並べられた無残なモノの社会的な意味をわかってしまってからでは声を上げて泣かない自信が無い。
ボクはアレックス・ガーランドの脚本ととても相性が良い。八割くらいの作品が好きだ。

泣きはらした目でパンフを求めたら売り切れだったのが残念。
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク先の主張を読んで合点がいったら署名してあげてください。このブログの文章は忘れて。
nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 5

dorothy

ご訪問ありがとうございました。
すべてにうんうん頷きながら読ませてもらいました。
私はびっくり映像てんこもりのSFも大好物ですが、こんな風に自分たちの日常となんら変わらない中で描かれるSFは本当に愛おしくて大好きです。
by dorothy (2011-07-15 23:12) 

non_0101

こんばんは。
切なくて美しくて心の残る作品でした。
子ども達がけな気で可愛いのですよね。
大人になってもその純粋さを持ったまま生きているところが
何とも哀しくて(T_T)
心にずーんと来ますね☆
by non_0101 (2011-07-15 23:20) 

inuneko

dorothyさま
いやいや、危険な兆候ですよ。
ボクは基本トンチンカン書いてますから、すべてにうんうん頷いておられるとしたら、その日は30度超えの夏日であったということでありましょう。外出時には帽子を!
ただボクも、こういうSFは本当に愛おしくて大好きです。

non_0101さま
絵など描かせるまでもなく、彼らの物言いたげな口元を見れば魂の存在は明らかなのに。
決して逃げないように教育されしつけられてることが残酷でしたね。
by inuneko (2011-07-16 15:56) 

ねこぱんち

原作も良いですよ!カズオイシグロの文体が、まるで絵画を見ているようです。機会があれば是非。
by ねこぱんち (2011-07-17 18:44) 

inuneko

ねこぱんちさま
今日買ってきましたよ〜!
キャシーが31なんですね。映画ではもう少し若かったような。さて…。
by inuneko (2011-07-17 19:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。