So-net無料ブログ作成

女子中学生で一杯の温泉旅館の夜。

所用で、山奥のひなびた温泉施設を訪ねた。
うなぎを食べにきたわけじゃない。食べたけども。そしてここ以外の店で食べたいとも思わないけど。
いつもなら閑散としててよい宿なのだけど、なにやらにぎやかい。
いても老人くらいの館内に複数の若い声がする。珍しい。
去年、民間に払い下げられてから営業努力には目を見張るものがあるが、どっかの学校の夏合宿をとってきたらしい。
湯上がりの女子中学生が山盛りである。ひゃっほーいい。
なにがひゃっほーいだ、知るか!こっちはもう寝てなくて暑くてクタクタのペコペコなんだよ!
で、疲労困憊で食堂のテーブルに付いたら、タイミング良く彼女たちもちょうどこれからで食事にあたっての諸注意と、今日の反省、明日からの練習頑張りましょう等の中学生の演説が熱くて、ボクも他の温泉客のおじいちゃんおばあちゃんたちも、なんとなくそれを無視して箸をつけられず、目の前で鶏鍋が煮えていくのを疲れた頭でぼうと眺めるハメに。

そんな様子をみた宿が翌朝は一般客と若者の時間をずらしてくれたので、ゆっくり静かに茶粥がいただけました。この辺も民間の真剣さだよね。
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
リンク先の主張を読んで合点がいったら署名してあげてください。このブログの文章は忘れて。
nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 5

peach

山奥の宿、文学的ほほえましさが感じられましたが、
結構大変な一日だったようでもありますね…。
by peach (2011-08-12 18:29) 

非(ナル)哲学的先輩

いくら頑張っても、あと10年たった時点でこっち側に来るやつが半分くらいいるだろう、そこのお前とお前だーー!

というくらいの、
社会のウスラ闇を見た大人の冷や水的な突然立ち上がり演説が欲しかったところですな。
こっち側、というのがどっちを指しているかは神のみぞ知るセカイ。
でも朝よりも夜見るほうがいい、このあたりも宿の配慮あり。
by 非(ナル)哲学的先輩 (2011-08-12 19:17) 

inuneko

peachさま
文学的かどうかはさておき、ひなびてて良いのですよ。
手書きのポスターには「ぬるぬるの温泉がお待ちしてます」と書いてあるし。

非(ナル)哲学的先輩さま
とりあえずクーラーつけてください。おつむが煮えてらっしゃいます。
鶏肉は煮過ぎると硬くなるんだよなぁの心配が100%で、湯上がりの女子に1%の関心がなかったところが今思い返して自分が心配なところです。コスプレパブ連れてってください。ボクは下っ端だからみなさんのおごりで。
by inuneko (2011-08-13 00:58) 

ねこぱんち

爆笑しました。なんかそのときの雰囲気というか空気がとても想像できます。

でも、自分ならさっさと無視して食べてると思います。ビール付きで。inunekoさん、偉い!^^
by ねこぱんち (2011-08-13 23:05) 

inuneko

引率のお説教があったらどうなってたかと思うと…良い子たちで良かったですよ。空腹で思いつきませんでしたが、あの子たち全員にこそビールをおごってあげたかったくらいです。「え」「あちらのテーブルのお客様からです」はい、お縄頂戴。
by inuneko (2011-08-13 23:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。