So-net無料ブログ作成

「パシフィックリム」(2013) [映画・テレビ]

デルトロ監督は大好きですからね。
うちのアイコンも「ヘルボーイ/ゴールデンアーミー」見た時からの使い回しだし。
「ホビット」を引き受けた時は嬉しい反面、10年近く自分以外の世界に拘束されるのか〜さみしいな〜と思ったくらいで。

重力の理屈を無視した巨大な「怪獣」(作品内表記もカイジュウ!感激!)がアリモノのビルを街を地球を破壊しまくるCGの大快感。巨大ロボが両手でタンカーを振り回して怪獣を殴る大快楽。
CGの使い方の正解に一歩近づいたんじゃない?
巨大ロボットの動きに感情移入しまくりのボク、エレクトしまくり。
あんなに金のかかったトランスフォーマーではピクリともしなかったのにな!
なにより、日本人が見たくて見たくてついにかなわなかった「立派な怪獣映画」を海の向こうの方が作って持ってきてくれましたよ。涙出そう。万歳。

如何にもロシア製というデザインで、如何にもロシア人というパイロット二人が、如何にもロシア風なロボットファイトを繰り広げていたので、ロシア製ロボット映画「オーガストウォーズ」を見逃したと騒いでたツレもこっちを見たらいいんじゃないかなと思いましたよ。
いろいろ瑕疵はあるよ。デルトロは好きだけど100点じゃないよ。
正規軍では無いとはいえ科学チームの責任者が放し飼いすぎるとか。
ロン・パールマンは大好きだけども(ヘルボーイを演じるにはおっさん過ぎるだろうと大好きで尊敬してる人にいわれた時も、でも雰囲気はあってますよね?と小さく言い返すほどに)必要だった?とか。
一応地球のエースが余命0のロートルにつき合って自爆させられるとか。別のチームには救済策が用意されてるのにな(笑)
菊池凛子さんの登場シーンにはものすごく気を使ってもらってるのを感じたけど、こんな映画を撮るほど日本の特撮ドラマを見倒してた割りに007の日本編レベルっぽい。
セカンドユニットが撮ったってこともないんだろうけど、芦田愛菜ちゃんの登場する日本の町並みは看板の日本語はさておき(ネタでやってるのかも知らんからね)、彼女が隠れる巨大なトラッシュボックスはアメリカのものだし、瓦屋根は誤解されてたし、いろいろ残念。あ、高度なオマージュですか?過去のハリウッド製日本映画への?
とかね?
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。