So-net無料ブログ作成

「スペック バツ二つ」(2013) [映画・テレビ]

ケイゾク以来の堤監督テレビドラマ作品ファンのツレチョイスだったので感想はあんまり口にせず。
なんせその後の高級和牛スキヤキはヤツのおごりだ。肉は気分良くおいしく食べたい。

どうしても見せたいモノ無かったのに作っちゃったんじゃないか?という疑問は感じたけど。
前編が過去映像使い回しで水増しの予告編だったので、後編はキツキツの駆け足、しかも二時間超えの長尺になっちゃうんじゃないかと案じていたら、後編も前編と同じ90分。
そして、驚いたことに今回も時間が余ってしょうがない様子。
前編が野々村課長のPVだったように後編はトーマのソレでした。人気絶頂のアイドルが映画に初主演してもこんなには映さないだろというくらい映ってました。
一座の看板が、不在の脚本の責任をとらされ、出ずっぱりで穴を埋めさせられてる様にも見える。

この作品が、他の映画やアニメや漫画の邪魔にならないと良いな。
いろいろ上っ面だけをカスめ盗ってるのを見ながらそんなことを思いました。

ただし、褒めるところの無い本作にただ一箇所、二度目の警官殺しで警官のリンチに会う瀬文、という不幸なエピソードの存在だけは素晴らしかった。
スキヤキ肉も上等で美味しかった。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。