So-net無料ブログ作成
検索選択

「ラストスタンド」(2013) [映画・テレビ]

シュワちゃんの復帰作。
image.jpg
この後、「サボタージュ」の前にスタローンとの共演作があるのかな?
これは韓国人監督のハリウッドデビュー作だそうで、韓国漫画原作の「プリースト」に続いてなんだか韓国づいてる…。

それにしても、なんだろうこの既視感にあふれた砂まみれの風景、砂漠の真ん中で孤立した田舎町、圧倒的な武力で襲いかかる悪党に、団結して迎え撃つ街に暮らす兵士ではない人々。彼らの必死の抵抗が無情な戦力差で押しつぶされていくこの設定、ボクは間違いなくどこかで見てるんですが。

アレだ!
image.jpg
ワイルドセブン!(またかよ!)
しかも主人公の置かれた状況で言えばあの中盤最も脂ののった名中編「熱砂の帝王」!
アメリカ西部の孤立した田舎町を舞台に900台のバイクで街を包囲して襲いかかる不良バイク族、迎え撃つのは街を支配するハイジャック犯秋戸十字郎と我らが飛葉大陸、そして僅かな住人のみ。
面白かったよなぁ、「熱砂の帝王」!
本作はまさにあの不吉なアクションの下位互換!
まぁ、町民のほとんどがフットボールか何かの応援で町を離れて留守番は保安官と老人ばかりと、バトルフィールドの設定はわりと悲劇性が無いように配慮されてる感じです。シナリオ的にもわりと一本調子。戦いが始まってしまえばシュワちゃんは無双。裏表のない保安官が押し出していくような後半の単純さは、町を護るべき人間の不誠実さが町を護ることと悪魔的に両立するように、さらに高位の計画に織り込まれていたワイルドの深みには及びませんでしたけど。
141112_1557~01.jpg

でもさっぱりしてて全て取りこぼしなく回収してカタルシスもあったのだから、何の不満を言うことがありましょうか。 やっぱり「サボタージュ」という破格に良いものを見てしまったから、今ちょっと観客の目盛りがバカになってるんでしょうね。

image.jpg
今回の収穫。昔っからいろんなとこで見かけるこの方の名前が分かったこと。ルイス・ガスマンさん。
そして悪役をやることも多かった彼に無条件に親しみを感じてしまう理由も判明。多分、コレ。
image.jpg

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。