So-net無料ブログ作成

「グリム」周回遅れ感想。 [映画・テレビ]

こっちはなー。
残念でしたー。
対象視聴者層が違うんだから一概には比較したらアカンのでしょうけども。
でも、そういうのと関係ない、単なるミス、アラはたくさんあったよ。
タテ糸の謎解きが進まないなーと思ってたら、そのまんまクリフハンガーだったし…。なんか無責任な感じ。
状況の全てを知る先代グリムを冒頭で失ったあと、素人と仲間が手探りで目の前の問題だけは解決していたものの全体像が見えてこない。タテ糸の謎を解くアイテムは一応登場してはいるのですが、モタモタした挙句どうにもならず、結局また物語のメンター役としてオバさんのかわりに殺されたはずの母親が付け足されて…という、この一周回って元通り的な、一から出直し的な、ひどく虚しいこのフリダシに戻る感。
ストーリーは何一つ進んでない…配置されたキャラクターは誰一人処理されてないままクリフハンガー。続きが楽しみで身悶える〜ではない感じの。

最終回は特におかしかった。
主人公が恋人に信用してもらうために、グリム一族の末裔として怪物狩りをしていることを告白する、というある意味クライマックスがあるのですが、このくだりの主人公の言動がおかしい。シリーズ通じて、どこの刑事ドラマに出しても恥ずかしくない、成熟し安定した現実的で有能な刑事、人間として描かれていたのに、突然、頭が悪くなっちゃう。この怪物の描かれた絵が彼らが存在する証拠だ、と言い出して恋人にドン引かれ、挙句、友人で、正体を隠して生きている怪物の一人に正体を見せてやってくれと後先考えずの独りよがりで迷惑なお願い。毒でも飲まされて錯乱してるシーンを見逃したかと心配になるほどに別人でした。何だったんだろう。
__0260.jpg

呆然としてたらシーズン2の予告が始まった。
「シーズン1は序章に過ぎなかった…!本当のグリムはこれから始まる」的なこと言われて、改めてブチ切れ。
そっからヤレや…!


第一話感想 http://inuinunekoneko.blog.so-net.ne.jp/2013-07-30-1
予感は的中している。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。