So-net無料ブログ作成

「フッテージ」(2012) [映画・テレビ]

落ち目の犯罪実録モノ作家が新作執筆のための新居で見つけた8mmフィルムには、複数の家族が…後ろ手に縛られて木に吊るされ、プールに沈められ、車と燃やされ、寝室で首を切られ、芝刈り機で挽かれ…と、様々な方法で惨殺される様子が撮影されていた。経済的に困窮して次作のヒットが必要な主人公はそのむごい犯罪の証拠が勿体無くて警察に通報出来ない。
1960年代から連綿と続く家族が殺され子どもが一人拐われる、同じ手口の連続猟奇事件。
精神疾患を持つ子供の父親でありながら、自宅仕事に選ぶネタにしてはあまりに危険。
案の定、子供の具合は悪くなる。

「エミリー・ローズ」の監督だからまぁ間違いはないだろうと。
でも「地球が静止する日」の監督でもあるんだよなぁ。

主人公は地元の副保安官(保安官には世間をミスリードする俗悪作家だと嫌われてる)や大学教授の力を借りて(あくまでも個人的に)調査を進めるんだけど、犯行が記録されている8mmフィルムが良く出来ているのに比べて、挿入される「怪奇現象」「怖いもの」がことごとくタイミング悪くて手探り感満載でボタンを掛け違えてて間抜けで失笑モノなのはどうしたことか。
猟奇サスペンスに行きたいのか、主人公の精神失調からの転落に行きたいのか、ブギーマンネタのアメリカローカルの都市伝説ホラーに行きたいのか。
なんだか監督が脚本も書いて自分のお金で製作してイーサン・ホーク一人雇えるだけのちっちゃい企画だったのかなぁ。5年のブランクの間に仕事してないことで家族に何か言われたのかしら?
そんなことを思ってるうちに、意外にも主人公は執筆を諦め家からも撤退してしまう。家族と自分の為に!
ありがちな破滅まで粘らなかった!これはえらい!
と思ったのもつかの間、転居先の屋根裏に殺人現場の家で燃やしたはずの8mmが…そして追いかけてきたのは月並みなエンディングもだった。
あぁもうなんというか恐ろしい!
五年ぶりの仕事で、製作と監督と脚本を一人が兼ねて誰も止めない企画が恐ろしい。
二回くらい他人の手で絞りあげたら、あるいはあるべき姿になりえたんじゃないだろうか。

ホントに勿体無い!
殺され方はどれもなかなかだったのに。
特に家族四人並んで家の木に一斉に吊るされてだんだん動かなくなるとか、
手押し芝刈り機の進路を映すだけの退屈な映像にふいに縛られた被害者がフレームインしてくるショッキングさとか、
そこそこ良くなる要素に満ちてたんだけどな。
作り手の混乱かな。
續 さすらいエマノン (リュウコミックス)ミツヨシ完結編 (上) (ミツヨシ完結編) (JC.COM)

カエルの卵的なドリンク。

バジルシードドリンク。
__ 20036.jpg__ 10037.jpg

味はやっぱり糖分過多でしたが、食感はヌルヌルしたゼリー状の中のソリソリショキショキとした実という組み合わせがなかなか面白かったです。

かわうそ。

カワウソの兄弟がいましたわ。
__ 50008.jpg__ 40011.jpg
機敏な動きで水を飲んだり遊んだり。
__ 30023.jpg__ 10035.jpg__ 50007.jpg
お姉さんがカワーで弟がウソー。
いや、コレは今ボクがつけたんですけどね(どうして毎日すぐバレるウソを書くンだいこの子はマッタク)。

2014-02-14

ガイドブックも見てない気まぐれ旅行なので行き当たりばったり、なぜか山の上に建つのが売りの水族館へ。
__ 10031.jpg__ 20030.jpg__ 10032.jpg__ 20031.jpg__ 30020.jpg
どこに行ってもクラゲクラゲと大喜び…ボクはお安く出来てますわぁ。


しかし、香川はどこ行っても観光への力の入れ方が良かったなぁ。
脳みそがウドンのゆるキャラ展開から始まって、ありとあらゆるうどん、小豆島のオリーブ、ご当地ドリンクだけで構成された自販機、萌えカレー、腐女子カレー、ご当地戦隊もの、大衆演劇女剣戟風から何から思いつくはしから取り敢えず全部商品化してる感じ。成績はわかんないけど勢いは感じた。
ボクはさぬきビールとさぬきうどん以外何一つ買わなかったけど。

普段暮らしてる観光地(のひとつ)が林立する廃墟が名物ってなくらい寂れてるから、活気があるのはホッとするね。

「スノーピアサー」(2013) [映画・テレビ]

(メモ)
内なる偏見との葛藤。
劇場で韓国映画を見るのはいつ以来だろうか?オールドボーイ?箪笥?



クソディストピアのクソナイスな終焉。
18年間走り続けてる絶望的な列車は、とうに滅びた人類の見ている走馬灯のよう。

痛みを良く伝える過剰で緩急の効いた優れた暴力描写は認めざるを得ない。
ハリウッド映画の枠でこれだけの狂気と熱量を保っていることも。
美しいティルダ・スウィントンに入れ歯をさせて、実に勿体なく贅沢に見たことのないお芝居をさせている…。
永遠に駅に停まることなく走り続けてる恐怖。
当分、長距離の乗り物ご遠慮したいボクとしては悪夢過ぎたわ。
列車前方車両の上流階級を守る兵士の武装が手斧というのがまた怖い。
狭い列車内で長剣は振り回せないし合理的な武装なんだけど間合いは近いし残虐だし、ローゼンリッター実写版って感じだったなぁ。

聞き取れた日本語は「バカヤロウ」「チクショウ」「ダイジョウブデスカ」「フユ将軍」「スシ」。

追記


ことでん。

__ 30018.jpg__ 40006.jpg__ 50003.jpg__ 30019.jpg
なんか注意されてる気がするけど良く分からない。


ことでんによる讃岐弁講座 http://www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/manner_up/

琴平電鉄。

__ 50004.jpg

ドコから海を見ても瀬戸内はポコポコ小島が浮いている。鬼ヶ島とか、国立療養所のある島があった。ライ病関係かなぁ。

__ 40007.jpg
電子マネーが使える一方でキップはいまどきパンチ。乗り鉄のヒトとか喜ぶかも知れないなとか思いつつ。多分だけど、電子マネー対応の自動改札に切り替えた時に客も少ないし駅員余ってるからキップ対応の機械は買わずに余剰人力を有効に使うことにしようと、昔使ってたパンチを引っ張り出してきたんじゃないかな〜と推理。
用があるツレと違って、なるべくたくさんうどん食べる以外なんの予定もなく思いつきで海を渡って来てしまったので、食後、単身別行動でことでんにのっておナカを減らしがてら無計画に観光に出かける。
__ 20029.jpg
車内の様子。

弾丸うどんツアー。

のぞみに3時間乗った後、ツレが巨大な離島を陸路(バス)侵略するという話を聞いたので家に帰らずそのまま便乗。
そのまま3時間バスにのって憧れの香川県へうどんを食べに。
どこの体力自慢のプランかと。
__ 10030.jpg

カール象。

順番に釜玉、素うどん、ぶっ掛けと三食連続うどん。もちろん違うお店で。
滞在中コーヒー以外は小麦粉のデンプンしか食べてない…。
往復6時間バス。
超ハードでした…。

2014-02-10

昨日は雪の積もった道をヨタヨタ歩いて選挙に参加し、家に帰ってオリンピックを見るという穏やかな一日だった。
__0268.jpg
気まぐれにチャーハン弁当など買ってみる。シュウマイが五つ入っててにこにこしてる単純さ。
いつぞやわざわざ新横浜で買った崎陽軒のシュウマイのあまり入ってないシュウマイ弁当のショッキングな記憶を上書きしてくれるかもしれない。あれからボクは毎晩怖い夢を見るようになりまたおねしょをするようになってしまったのだ。

2014-02-09

140209_0742~010001.jpg
積雪29cm(ボク調べ)とか。ヒドイよ。

ステーキ弁当。

__ 10028.jpg__ 20027.jpg

大奮発したんだけど、雑誌と一緒に袋に入れられて食べる前から寄ってしまっていた。
もともとはどんなレイアウトだったんだろうか。
ボクが食べ始めた段階ではかなり残飯チックな様子だったけど。

お風呂強化〜。

__0267.jpg

お風呂用に浮かぶブルートゥーススピーカーと、首に巻くタイプの浮き輪を枕がわりに購入。
音的にスピーカーが浮かぶ必要は全く無いんだけど、音源がプカプカ浮いてまわりを動くのは面白い。





サタニスター: (1) (ぶんか社コミックス)サタニスター: (2) (ぶんか社コミックス)サタニスター: (3) (ぶんか社コミックス)サタニスター: (4) (ぶんか社コミックス)サタニスター: (5) (ぶんか社コミックス)

「クリミナル・マインド8」#1感想。 [映画・テレビ]

ボクはシーズン5までしか見てない。
CSで未放送のシーズン6はまったくノーチェック。
シーズン7の第一話に続いてWOWOWの無料放送で視聴。
そのときはハイヴィジョン過ぎて全員の顔の皺にショックを受けた。特にホッチ。楽屋でインタビューを受ける舞台俳優を見たようで驚いた。あんなに塗るものなのか。
「ドーランの下で涙の喜劇人」というポール牧の言葉を連想したほどだ。
そのせいか事件の方は何も覚えていない。

さて、今回。
いきなりプレンティスがいない。
降板のニュースがあったのを思い出した。女性レギュラーのギャラが男性陣より安くてJJとペネロープが共闘、なんてニュースも。シーズン2で降板したギデオンはホームランドでCIAに勤めてたし、エルはパーソンオブインタレスト2で一話だけチラッとNYPDにいたけど、エミリーにもまた逢えたらいいな。
ニュースでは新キャラはリードとご縁がある設定とあったけど、どうやら単なる学者同士の付き合いのよう。むしろストラウス部長との確執の方が根が深くて比重が重そう。彼女はチームでおもしろく機能するんだろうか?いまどき暗室で写真の現像をしている謎の趣味人が登場したが、こいつがシリーズの縦糸だろうか。
数年先のスーパードラマTVでの放送を楽しみに待とう。



さて、クイズ「(ボクの愛するグラマラスな)ペネロープはドコへ行っていたのか?」
__0266.jpg

BAUレベルでなくても簡単。

前回感想 http://inuinunekoneko.blog.so-net.ne.jp/2012-12-22-2
前々回感想 http://inuinunekoneko.blog.so-net.ne.jp/2012-02-03-2


激マン! 1 (ニチブンコミックス)激マン! 2 (ニチブンコミックス)激マン! 3 (ニチブンコミックス)激マン! 4 (ニチブンコミックス)激マン! 5 (ニチブンコミックス)激マン! 6 (ニチブンコミックス)

2014-02-02

無事MacBook直って帰ってきました。物理的には壊れてませんでした。
つまり無知が余計なことしてえらいことになってただけという。
タブレットとデスクトップと買う気持ちになってたんですが。


フリースタイル 25 特集:THE BEST MANGA 2014 このマンガを読め!30才、処女なのにエロ漫画描いてます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。