So-net無料ブログ作成

カメラ買う〜(予定)。

くさくさするんで散財する!
コンデジは何台かあるんで、今回は一眼レフ。重たくてデカいの買っちゃうと多分写真を撮らなくなっちゃうんでミラーレス一眼のちっちゃいヤツ買う。
軽いから動画でハメ撮りも出来るよ!やったね!(Go Pro買えや…)

まぁ軽くてちっちゃくて簡単で、と来ると、案の定メーカーさんがカメラ女子に色目を使ったkawaiiiiiプロモーションしててケースやキャップがやたらかわいいやらデコれる仕様やら…なんでや!なんでデコるんや!いらないギミック満載でボクの気をくじこうと迫ってきてますが。


【お得技シリーズ019】デジカメお得技ベストセレクション (100%ムックシリーズ)OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7 EZダブルズームキット ホワイト E-PL7 EZ DZKIT WHT
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメ…ウマ…。

image.jpg
炊飯用の鍋第二号。
一合炊きの一号(わぁ面白い)は健在なんだけど、余裕が欲しくて三合炊き出来るやつを買ってみました。
これを選んだのは蓋がガラスだから。
炊飯中の鍋の中の様子が分かるのと、蒸気でピーピーなって知らせる機能とでまぁ失敗知らず。
炊飯器もあるんだけど、こっちの方が美味しいなぁ。
南部鉄瓶に炊飯鍋…台所がどんどん退化してる、とも言える。





火事場のバカIQ 未 (IKKI COMIX)


4,210円のハンバーガーのあるお店に…! [日記・コラム・つぶやき]

ついうっかり。
140928_1614~010001.jpg
一番高い神戸牛のが3~4,000円台というお値段でメニューを二度見。
だから、安い方から三番目くらいのボクのベーコンエッグ黒毛和牛バーガーは1,200円っくらいだから全ッ然庶民的。贅沢じゃない。違う違う。
ポテトも付いてたし。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

一瞬で恋に落ちる事案。

若くもなく、美人でもなく、オッパイが立派なわけでもないのに。
あまりの誠実さ一生懸命さが何もかも無視して飲み込んで満点以上を弾き出す瞬間を体感した。
これはこれは…いや、実に稀有な心の動きを経験したぞ。

…個人的な部分をボカして書いてみたら、安いフーゾクで童貞喪失してきた魔法使いの報告みたいに見える(笑)
文章力ないなぁ!おい!

2014-09-26

庭で四つ葉のクローバーを探しています…。
image.jpg
まぁ、探してるのはウソですが。
いつだかネットでキロ買いしたタネが根付いたのかなぁ。

2014-09-25

改札を出た地下街の壁に新聞の号外が貼ってあった。
見出しの大文字だけで良くないニュースなのは分かっていたので近寄らなかったのだけど、よけた先の同じ壁にまだ人探しの小さなチラシが貼ったままになっているのを見つけてしまって、こんな事件て、ただの通行人にもしんどいな。

「アイ・フランケンシュタイン」(2014) [映画・テレビ]

劇場。
現代まで生きていたフランケンシュタイン博士の作ったあの名無しのモンスターが、神と悪魔の戦いに巻き込まれて…というB級の下くらいの。
image.jpg
こういう、神だ悪魔だモンスターだSFだみたいな愚にもつかないB級の下が大好きなツレに教えたところ、これがキレイにひっかかりまして、あの出不精が映画館探して雨の中見に行こうとか言ってきましたよ。

主人公のモンスターは無名の新人かポール・ベタニーがやりそうなところ、なぜかアーロン・エッカートが特殊メイクでツギハギの死体役で主演。
デニーロもやった役ですよ、とか言ってダマされたんだろうか。
それとも何年かに一回、何作かに一回は主演をやりたいところにつけ込まれたんだろうか。

基本、ろくでもないのは分かってるんですよ。ソレはいいんです。
想像通りのまごうことなき、ザ・B級の下でしたよ。ソレもいいんです。
ひとり1800円ですよ。定価ですよ。ソレだっていいんです。

ちょっとおもしろかったのは、最初っから最後まで、何が起きているのかを、いったん絵で見せているのにその後に登場人物が全部口で説明し直すという二度手間をするという…。
そして、作中人物がただの一回も「会話をしない」という…。
いや、お互い交互に喋ってるんで会話のように見えてしまうんですが、一切キャッチボールせずに言いたいことをぶつけ合ってるだけ…という…あ、これは「会話をしてるふり」!と気づいたときには正直ゾッとしました。しかも映画を先に進めるための都合の良いトークですらないという…すごかったなぁ。

でも不思議と腹はたたないんですよ。
この中二病でラノベでコミュ障なクソ脚本と、ツッカエツッカエ行きつ戻りつブレーキとアクセルを小刻みに踏むクソ運転で乗り物酔い起こして吐け!みたいなクソ演出に、劇場でひっどい目に遭わされてますけど、腹が立たないんですよ。
それは、最初のネタ一個の素敵さが、こんな脚本演出という足手まといの大荷物をぶら下げてるのに最後まで走りきるだけのパワーがあったのを無視出来ないから。
ほんとにそのネタ一個だけがたまらなく素敵なんですよ。百難隠す勢いで。
数寄屋橋次郎に卸されるマグロのとろのような(行ったこと無いけど)超素敵な最高のネタ。
その最高のネタを、くそ脚本とくそ演出(どちらも同じ人ですが)はジャムで煮るようなことをしてくれましたが。
そんなの食わされたのに、なんで我々は怒り狂ってないの?という自問自答に「味はさておきお腹はふくれたから?」と結論。
映画の最後、名無しの怪物がたどり着く終着点に、もしちゃんとした脚本と演出がなされてたら大感動していた可能性すらあります。

コーヒー飲みに出掛けたら、 [珈琲]

喫茶店、燃えてたよ。
140923_1500~01.jpg
歩道にはまだ水が流れていた。
上の階のカラオケ屋から出火した、と現場にいないツレが教えてくれた。
ちなみに現場の野次馬の間ではまことしやかに地下の居酒屋火元説が既成事実化しつつあった。
デマの生まれる瞬間か…目の前で何もかも見てるのに!

とにかく店に火が入ったかどうかに関わらず水浸しは間違いない。
当分コーヒーが飲めないのも辛いが、店主の貴重なアナログレコードコレクションはどうなってんだろか。

一駅歩いて別の旨い店行ったら、こちらは満員で並んでたからコーヒー諦めて帰るトコ。

馬るこ&ブラック二人会。

馬るこ師匠はまくらで、新聞社主催の落語会に出ることが多いからと全力擁護のテイで朝日新聞の話しを。右と左なら左の方が落語みたいな文化への金払いは良いとか。なんとなく分かるわ。
朝日のねつ造報道の話でさんざ笑わせたあとは、古典に手を替え品を替え変奏曲のようにいろんな尿道オナニーの方法を繰り返し挿入して悪い笑いをとってたんですが、これにブラック師匠が乗っかっちゃったものだからこの日の噺の主人公たちはみんな尿道オナニーしてはご隠居に怒られるの繰り返し。

ボカぁこの落語会のためだけに新幹線乗って上京してきたんですが…?
なるほどその価値はあったぜ…!
的な…?
あぁ…orz。

久しぶりに拝見するブラック師匠はいよいよ悪魔的なビジュアルに。
皮膚のゴム感が増して、アニマトロニクスで表情が動いてる80年代ハリウッド特撮の趣き。いいわぁ。
これはこれで真似の出来ない年齢の重ね方だなぁ…と。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ごちそうさまでした。

ジュースと黒糖乳飲料とアロエ入りヨーグルト。
想像通り味は無いですね。敢えて言うなら粉っぽいだけで。
栄養あるんなら粉末青汁とか抹茶飲料に入れちゃってもイイかも。
image.jpg

ただのクロレラじゃねーか、とヤクルトの出していた緑色のクロレララーメンがお気に入りだったというツレが言っておりました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ミドリムシ食べるの、買ってみた。 [グルメ・クッキング]

試さんことには感想もな〜、とコンビニで買ってきたんですが、昨日より一種類増えてますやん。
ボクが知らないだけで、実は美味しくてすでに大人気なんですかね?
image.jpg

多分、ぼくはこのいじめられっ子のマンガがトラウマになってるんだよな。
image.jpg
彼以外には青虫じゃなく普通のご飯に見えてて、残すんじゃありませんって無理やり食べさせられちゃうやつ。

おらが街にも流行りのものが。

よさこいを見に行ったんですが(笑)
image.jpg

ミドリムシ食べるの、

はやってんの?
さっきコンビニ行ったらミドリムシ入りのドリンク二種類あったけど。
明日よさこいだからもう寝るぜ!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014) [映画・テレビ]

この銀河にはボクのことを見てくれている守り神がいらっしゃるのかもしらん(笑)

「ザ・フォロイング」視聴で傷ついたボクの心を癒し、ケビン・ベーコンの名誉を回復する素晴らしい映画でありました。
彼は出てないけどね!
出てないけどものすごく重要な役割を担ってましたよ。
なんの情報もなく見に行ったんで、冒頭、ヴィン・ディーゼルの名前を見つけて不吉な映画的予感にギョッとし、ベネチオ・デル・トロでエッと喜び、グレン・クローズの酔狂でお腹いっぱいです。凄いね。ヴィン・ディーゼルと大女優の組み合わせとなるとジュディ・デンチが出演させられた「リディック」を連想させてフッと顔に影が差しましたが、今回の彼は悪くなかったですねぇ。
80年代に地球から誘拐された主人公が今もウォークマンのカセットプレイヤーを愛用してるのもかわいい。
全身緑色に塗られたゾーイ・サルダナを見て「またお前か!」と。
彼女は好きでやってるのか、エージェントに強いられているのか。
しかしコッテリ緑に塗られてなお美しいというのは素晴らしい。
たいがいシュレック的ななにかになってしまうでしょうに。

全体、観客に先んじて次の展開に行くテンポの緩急が絶妙で好感の持てる出来でした。

しかしそれにしても本作のMVP、MOMはアライグマ兄さんですよ。
image.jpg

あのかわいらしい凶暴で勇ましい小動物が物語と画面にいなかったらこの良く出来た映画はそれでも合格点からこぼれ落ちて失敗していたかもしれない。それほどに彼は映画全体をすくいあげ、観客の集中力をそらさないパワーを画面から発散し続けていましたよ。
それって、スターの仕事ですわ。

アホの子の追記


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

(6/6)自分の能力に毎回ビックリさせられますよ。

百発百中、絶対の方向音痴であるという自慢にならない事情を抱えているので、しっかり地図を見ながら神妙に歩き出したのですが、地図と道がさっぱり合致しない。
駅の周りをクルクル回って、ウォーキング受付の前を三回通りましたよ。
向こうもイヤでしょうね、こんな参加者。

ウォーキング中に迷うのは織り込み済みで覚悟もしていたのですが、まさかスタート前に迷うとか…常に予想を超えてくる我が身の能力にもう帰ろうかとも思ったのですが、まぁ待てとゴール側の受付に助けを求めたところ、ぼくが見ていた地図は翌日別の駅で行われるウォーキングの地図でした。

一秒でいいからよく読めという話ですな。
方向音痴とはまた違う注意不足だかおっちょこちょいだか失読だか…という問題が…。
道に迷うのが目的なら鬼に金棒の才ですよ。
image.jpg
裏表に違う場所の地図とか、僕には悪意ある悪魔の罠としか思えませんが、そんなのに引っかかるのが多分他にはおらず、己れの低能力の故となれば文句も言えません。
image.jpg
地図の裏見てスタート地点で迷ってるあまりの頼りなさに心配してくれたのでしょうか、受付の方が用事を思いついたテイで、わざわざ追いかけて来て駅を出るまで同行してくださいましたし。
あぁもうホントに申し訳ない恥ずかしい…。

こうしてようやくスタートですよ。まったく…。

はい、おしまい。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(5/6)帰路。

折り返し地点からの後半戦。
ナビで逃げるための算段をしながらも、一応地図に従って歩き出す。
旅籠でお座敷に上がるため靴を脱いだムクんだ足に一気に血が流れこんだのか、改めて履こうとしたら足が入らないという…笑えない。
手のひらも血行が良くなってムチムチに。
足がポンプってこういうコトだなぁとか考えながら歩いてました。

ここもそうですが自転車専用道路を歩かせてもらえたのは楽でよかったですね。舗装は綺麗だし轢かれる心配ないし(自動車には)。
image.jpg
途中、こんもり茂った小さな森の奥からなにやら威勢の良い声が聞こえてくる。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
後悔しながら登ってみる。
image.jpg
本殿の裏手で例の神事。




(画像はナシ。調整出来ませんでした)




一応事前に調べてはいたんですが、その時「神ころがし」という神事の名前を見つけてちょっと萌えたのですが、調べたら赤ん坊を三回回して健康を祈る、とあって、泣き相撲的な子供を泣かす行事キライだからこれは寄らなくてもイイかと思ってたのです。
僕が見たのはもう一つの神事「七十五膳」のようです。 神様への捧げ物を持つ子供達が皆、口に葉っぱをくわえてるのは神様の食べるものに呼気が触れないようにということらしい。

そういえば、境内で神事に参加してる女の子を見かけなかったのですが、神社の外で巫女姿の子を何人か見かけましたから何かしらの役はちゃんとあるのでしょうね。


image.jpgimage.jpgimage.jpg
行きと重複する道も多く、疲労と足の痛みの極みであったこともあり、なんで用も無いのにこんなに歩くのかと身も蓋もない自省中でもあり、あんまり写真も撮ってないですね。


スタートした駅でスタンプを押してもらってなんとかゴールです。


コース以外も込みですが、歩数計で36,815歩とあるから歩幅が仮に70cmとして、ざっくり25kmちょいは歩いた感じでしょうか。
道々ペットボトル6本くらい水飲んでるのに晩に体重計ったら逆に2kg減ってましたわ。合計5kgどこ行ったの。




この後、馬るこ師匠とブラック師匠の二人会のために新幹線の中で着替えて上京したんですが(バカスケジュール!)都内の移動では三回タクシー使いましたわ…歩かないのかよ!
まぁ総括するとバカですわ。

あと一回、僕の他人に真似の出来ない比類なき才能を示す問題行動を書いてこのネタおしまいです。

(4/6)下駄。

大旅籠柏屋さんのお座敷で下駄の個展をやってました。 かっこえぇ。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
これが一番好き。踏むのがつらいほど彼女の顔が好みですわ。鼻緒を赤いタコにしていただきたい。
足の甲側にも本物の吸盤付けてもらって。
image.jpg
誰かが片方間違えて履いて帰ったんでしょうなぁ。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
ハハッ、字義通り天狗の一本歯下駄ですな。
image.jpg
ハート型。鳩尾につま先をいれると効きそうです。

(3/6)大旅籠柏屋(おおはたごかしばや)

折り返し地点。
すでに疲労困憊(笑)
股関節はギシギシ鳴り、足はムクみ、踵は靴ズレ、道々買って飲んでるペットボトルのお茶や水は4本(なのにトイレには一回も行きたくならないほどの発汗…。)、バスかタクシーで帰れないものかと最寄り駅をナビで検索しながら歩いてます。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
階段が急。段差がひざ下くらいありそうで登るのも少々怖いほど。しかも旅館として使われていた時代は手すりがなかったとか。
とどめに当時働いてる人はみんな着物ですよ。
どうやってお膳や何かを持って上り下りしていたのか…。
image.jpgimage.jpg
弥次さん喜多さんだそう。
image.jpgimage.jpg
畳が小さい。
混んでるときは男女構わず相部屋で六畳間に十人泊めた記録が残ってるそう。どうやって布団を敷いたのか案内の人にも謎だとか。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
image.jpgimage.jpg
例の「越すに越されぬ大井川(だっけ?)」が水かさを増すと渡れなくて最長28日延泊させられた人がいたと説明されてゾッとする。
宿代は今だと四〜五千円見当でけして安くない。たいへんだったでしょうね。
image.jpg
当時の台所。
image.jpgimage.jpg
image.jpg
当たり前だけど流しにも水道無いんですよねぇ。
image.jpgimage.jpg
流しの横に井戸はあるけど。
image.jpg
当時のテレビ。
弥次喜多の時代にはチャンネルも少なかったでしょうね…。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(2/6)歩いてきました。

(まぁ本人比で言えば「限界を超えてむやみに歩き回ってきました」です…。)

週末、JR主催のウォーキングイベントに参加してきました。
スタートする駅で地図もらって勝手に歩くタイプの。
先週、悪天候で行きそびれたのとは違うトコ。
真夏に戻ったような良い天気でした…。
iPod touchで適当な風景を撮りながら呑気に歩き始めました。
image.jpg
まず駅から海へ。
image.jpg
港で秋祭りをやってました。屋台とフリマをのぞいてからコースに戻る。
image.jpgimage.jpg
これからJRの線路を越えて新幹線の線路も越えて川を延々遡って行きます。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
なんだろう…川で爆弾漁?
image.jpgimage.jpgimage.jpg
神神社。名前もユニークですが、くぐってはいけない変わった形の鳥居があります。
image.jpgimage.jpg
サッカー応援が盛んな様子。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
空と雲がまぁ綺麗でしたよ。
image.jpgimage.jpg
イケてる看板

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

(1/6)奇祭なう。

ウォーキングイベント中、偶然。
神社で地元の少年たちがみんなフンドシで何かやってるんだが、けっこう顔が写っちゃってるからな〜。
モザイク入れられたらお見せするかもですが。
顔にね。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。