So-net無料ブログ作成

(5/6)帰路。

折り返し地点からの後半戦。
ナビで逃げるための算段をしながらも、一応地図に従って歩き出す。
旅籠でお座敷に上がるため靴を脱いだムクんだ足に一気に血が流れこんだのか、改めて履こうとしたら足が入らないという…笑えない。
手のひらも血行が良くなってムチムチに。
足がポンプってこういうコトだなぁとか考えながら歩いてました。

ここもそうですが自転車専用道路を歩かせてもらえたのは楽でよかったですね。舗装は綺麗だし轢かれる心配ないし(自動車には)。
image.jpg
途中、こんもり茂った小さな森の奥からなにやら威勢の良い声が聞こえてくる。
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg
後悔しながら登ってみる。
image.jpg
本殿の裏手で例の神事。




(画像はナシ。調整出来ませんでした)




一応事前に調べてはいたんですが、その時「神ころがし」という神事の名前を見つけてちょっと萌えたのですが、調べたら赤ん坊を三回回して健康を祈る、とあって、泣き相撲的な子供を泣かす行事キライだからこれは寄らなくてもイイかと思ってたのです。
僕が見たのはもう一つの神事「七十五膳」のようです。 神様への捧げ物を持つ子供達が皆、口に葉っぱをくわえてるのは神様の食べるものに呼気が触れないようにということらしい。

そういえば、境内で神事に参加してる女の子を見かけなかったのですが、神社の外で巫女姿の子を何人か見かけましたから何かしらの役はちゃんとあるのでしょうね。


image.jpgimage.jpgimage.jpg
行きと重複する道も多く、疲労と足の痛みの極みであったこともあり、なんで用も無いのにこんなに歩くのかと身も蓋もない自省中でもあり、あんまり写真も撮ってないですね。


スタートした駅でスタンプを押してもらってなんとかゴールです。


コース以外も込みですが、歩数計で36,815歩とあるから歩幅が仮に70cmとして、ざっくり25kmちょいは歩いた感じでしょうか。
道々ペットボトル6本くらい水飲んでるのに晩に体重計ったら逆に2kg減ってましたわ。合計5kgどこ行ったの。




この後、馬るこ師匠とブラック師匠の二人会のために新幹線の中で着替えて上京したんですが(バカスケジュール!)都内の移動では三回タクシー使いましたわ…歩かないのかよ!
まぁ総括するとバカですわ。

あと一回、僕の他人に真似の出来ない比類なき才能を示す問題行動を書いてこのネタおしまいです。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。