So-net無料ブログ作成

「プリースト」(2011)カール・アーバン祭りの始まり〜ドーンドーンドーン(太鼓) [映画・テレビ]

と歩き出したら1本目が「レギオン」監督主演コンビという地雷。一歩目で片足吹き飛ばされた気分ですドーンドーンドーン(太鼓じゃない)。

image.jpg
<allcinemaより引用>韓国のカルト・コミックスを「レギオン」のスコット・スチュワート監督&ポール・ベタニー主演コンビで実写映画化した3Dアクション。ヴァンパイアとの戦争で世界が崩壊し、人類は修道会が築いた壁の中で生活している未来世界を舞台に、修道会の掟を破りさらわれた姪の行方を追って外の世界へと飛び出した伝説の戦士プリーストの闘いを描く。共演はカール・アーバン、カム・ジガンデイ、マギー・Q、リリー・コリンズ。
 はるか未来の地球。ヴァンパイアとの長年にわたる戦いの果てに、人類は高い壁で囲われた要塞都市を各地に築き、その中に籠って暮らしていた。都市は修道会に支配され、ヴァンパイア征伐の功労者である伝説の戦士“プリースト”たちは報われぬ日々を送っていた。ある日、一人のプリーストのもとに、兄家族がヴァンパイアに襲われ、姪のルーシーがさらわれたとの知らせが届く。ヴァンパイアの新たな脅威を修道会に訴えるも彼らは聞く耳を持たず、都市の外に出ることも禁じられてしまう。しかしプリーストの決意は固く、ルーシーを救出すべく、修道会の命令を無視して荒野が広がる外の世界へと旅立つのだが…。



image.jpg
基本くそですわ…面白い設定(厨二的に)なのに(笑)厨二が見るなら見るでもう少しちゃんと作ってやりゃいいものを。
ダメに作らなきゃいけないって決まりはないだろうに。

教会の頑迷さとか、バンパイア、プリースト双方の作戦につくハテナマーク、行動の手際の悪さはまぁ原作のあるものだからソッチ由来で動かせないものだったのかもしれないからまぁ良いとしてもさ。

劇中の会話は必要なことを一切話さず、不必要なことだけを精査して並べたかのようなざまだし、このレベルの脚本にありがちな答えを観客に見せた後に登場人物が問いを発するというテレコテレコで行きつ戻りつまどろっこしいし、決着もまぁトンチンカンだし、90分無いとはいえ、目を開いているのも、心折れずに鑑賞するのもまぁ一苦労、大変だよまったく。僕はリモコンを椅子から離れた場所に置くという知恵を使ってなんとか最後まで見ましたよ。
カール・アーバンはプリースト姿とマカロニウェスタン調のカッコが見れたからまぁいいのか?として、ポール・ペタニーはなんなんでしょう、主演作がC級D級のキリスト教系狂信映画専門俳優みたいなことになってるけどどういう事情なんだ。
マギーQはあちこち頑張ってるなぁ。ボクの見たがるようなジャンルによく出てるのは良いのか悪いのかわからんけど。
走る豪華列車の中での家具を破壊しながらのバトルはスティールボールランのワンシーンのようで楽しかったけど…。


こないだの「アイフランケンシュタイン」と同じ棚に大切にしまってすぐ燃やす感じで、立ち直って生きていこうと思います。

image.jpg
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「イコライザー」(2014) [映画・テレビ]

劇場。
image.jpg
あぁ、これがいわゆる普通のハリウッド映画なんだろうなぁと。その枠の中で良いとか悪いとか評価される感じの。
コレは良い方でしたよ。ちゃんとしてる感じの。
こないだの「サボタージュ」が異端なんでしょうね。実際アレはインディペンデントな規模の映画だそうだし(それでも日本の大作何本分かそれ以上なんでしょうけど)。
デンゼル・ワシントン演じるホームセンターの正社員が勤め先の商品を使って、女を殴るポン引き、レジ強盗、悪徳警官、ロシアンマフィア、肥満した同僚の体脂肪と戦う仕事人ちっくな粗筋。
CMは秒数を切って敵を片付けるってとこだけを宣伝してたおかげでずいぶんミスリードしてしまった気がする。そこから連想する痛快な話ではなかったよ。それが悪いってんじゃないけどさ。
軽々しいファンタジーにならなかったのは時代の要求なのか、デンゼル・ワシントンのエクスペンタブルズに出るような役者にはなりたくないという主張なのか。
描かれる暴力は痛いし、重いし、残るし、心への暴力は実に禍々しかったけれども、良いところも悪いところもハリウッド映画という枠の中の嵐みたいな。

いつCMみたいに暴れ出すんだろうと期待しつつも、地味に丁寧に描写されるデンゼルの日常表現の積み重ねが愛おしい(笑)目覚ましが鳴るとベッドはきれいに整えられている。一人で食事を終えた彼が皿を洗うのだけど、そのあとシンクもさっと拭いて布巾をたたむ所作とか丁寧でやり慣れた感が素晴らしかった。事件が始まらなくてもいいんじゃないかと思う感じの。
まぁ始まっちゃうんですが。

武装した殺し屋たちに押入られて、まだ命を狙われてるのにアパートの部屋に帰ってアレコレしてるのに「エッ」と思ったけど、アレは絶対の自信なのか?
そして事件後、歌手志望の女の子にあっさり見つかったところを見ると引っ越しもしなかった様子。
またどっかで違う履歴で暮らすのかと思ったけど、わりと図々しく生きてくつもりみたいでちょっとニヤニヤ。悪党とはいえたくさんの人間を店の商品で殺しまくって爆発起こして、商品全部水浸しにしたホームセンターに「あれ〜、いったい何があったんです?」とか言って、そのまま勤め続けてる可能性すらある。

ところで、彼は彼女の歌を聴いたの?CDもらってたけど。
エンディングにサントラに収録されないようなつたない素人の部屋録が流れても微笑ましくて楽しかったと思うけど。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。