So-net無料ブログ作成

「space battleshipヤマト」(2010) [映画・テレビ]

最初に言っときますが、この映画100点ですよ。
実にヤマト感に溢れたヤマトでしたよ。
初期の勝ち目のない絶望感に充ち満ちた原点回帰の良いヤマト。
絶望的な人的被害と艦内白兵戦は、恐怖の小説版の味わいをも思わせる。

カネの匂いのしないヤマト。
ソトの新しい人間が作った方が、皮肉にも実にヤマトらしいという…。
いや、お見事でした。
沖田艦長も徳川機関長も素晴らしかった。空間騎兵の斉藤も。森雪のアレンジも。あれは佐藤嗣麻子さん発だろうか?
全編、原作ファンの「耳」に染み渡る素晴らしく嬉しいリスペクトてかプレゼント。

ギャラクティカあればこそのビジュアルではありますが、あのVFXが国産てだけでちょっとうれしくなってしまう。
あぁ、怖かったけど見に行って良かったわ。

気になるところはあるよ。減点もできるよ。真田さんとか島とかね。
でもね、それでも100点。
(ガッてんいかないヒトは、ヤマトだけに120点満点だと想像したらよろしい)

追記 ゴロちゃんのデスラーや、草彅君のガミラス兵も良かったよ〜。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 14

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。