So-net無料ブログ作成

「バトルシップ」(2012) [映画・テレビ]

忘れないうちにメモだけ…。

浅野忠信さんが日本人自衛官ナガタとして英語でがんばってらっしゃるのだから吹き替えで見たら台無しだろうと字幕版で鑑賞。
日米ほかいろいろでハワイ沖で楽しく合同演習中に、宇宙人探しで地球から送られた電波に応えて素直に侵略してきた謎の宇宙人と戦わされるという…(笑)
ツッコミたくなるシンプルな導入部ですが、限定空間での零距離射撃戦に持ち込みたいだけだから、そこはしょうがないですね。実際に登場人物もツッコンでましたし。むしろ、電波の発信からのくだりをタイトル前に長々やってて真面目だなぁと思ったほどで。
原作はむかーしやったことのある魚雷戦ボードゲームだそうで、アメリカの最新鋭駆逐艦を操ってアレが出来る…なんという贅沢!
敵は怖くて良かったですよ。謎具合の塩梅も。
最新兵器と人員をガツガツ奪われて、それでも最後に一発の旧式鉛弾に運命やら物語やら伏線やらが集約されていくシナリオには魂が震える思いでしたわ。ハリウッド大作のくせに脚本がちゃんとしてるってへんなの!とか思いながら見てましたよ。


メモ追加。
CGだけはバイオレンス満載なんですが、どんな大爆発にもギョッとするような人体の破片はナイ、とか、ナガタと主人公の艦内便所の殴り合い等マネ出来そうな現実的な暴力は一切見せない、とか、全年齢に見せてもうけるぜーという配慮が実に行き届いてましたね。
エンドロールで浅野さんの役名がyugi nagataとあって「ユーギ? 遊戯王カード?(笑)」とニヤニヤしてたんですが、パンフを見たらユージナガタと読むらしく、それならそれで便所で絡んできた不良外人相手にオデコから血を流しながら(なんでだか)白目を剥いてアームロックを決めるような場面があっても良かったな。プロレス的には。
nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(25) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 7

のむら

宇宙人襲来ものとしては、健康的に楽しめましたよね。
浅野くんに負けるエイリアンなんて、たかが知れてるとも思いましたが。
by のむら (2012-05-16 13:37) 

inuneko

そのへんの難易度というか、敵の設定のさじ加減が上手だったということなんでしょうねぇ〜!
親指も一本多いだけだし。片手に対の親指はSF的になかなか憧れます。
宇宙人の敗因は運転時の前方不注意と侵略戦争における人道主義の徹底でしょうか?地球人はとにかく卑怯でダーティなのに(笑)

あんまり浅野さんが映りに映るので日本向けの特別編集じゃないかと心配になるほどで!
これから公開されるアメリカ版でも同じだけ出番があるのかしら?とか!
韓国では日章旗が出過ぎだと文句言ってる人もいたから韓国軍に差し替えられたりはしてなかったようですけど。
by inuneko (2012-05-16 14:19) 

inuneko

正しくは旭日旗だそうで。すみません…。
by inuneko (2012-05-16 19:39) 

KGR

そういえば確かにけが人はいたけど死体は見せなかったですね。

私は核爆弾に一言も触れなかったのが時代かな、と思いました。
by KGR (2012-05-17 09:42) 

inuneko

どちらも手堅い判断かと。
駆逐艦二隻分の自衛隊員も米兵もボートに収まるほどに減っちゃってるんですから怖いくらい死んでるんでしょうけど。

一言でも「核で」とか匂わされたら途端に現実に戻って来ちゃったでしょうね。
by inuneko (2012-05-17 15:23) 

バラサ☆バラサ

永田裕志でしたか。
通りで、敬礼が様になっていますね。(敬礼しているシーンは記憶に無いのですが・・・)
by バラサ☆バラサ (2012-05-22 18:23) 

inuneko

スタッフにノアと新日のジャパニーズサムライプロレス好きなヤツがいるんでしょうなぁ(想像)
敬礼もですが、やはり白目を…浅野さんの白目を…。
by inuneko (2012-05-23 14:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 25

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。