So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「鑑定士と顔のない依頼人」(2013) [映画・テレビ]

ただ白い壁を映すカットがひどく残酷。

珍しく劇場行ってきましたよ。予告編から好みのネタではあったんで観れてよかった。
二時間くらいキャラと一緒にあぁみんな幸せになって良かったねぇとか思いながら見てたら、残り10分になって不意に見えないところを並走していたもう一本のストーリーに映画を乗っ取られて満員の客席全員もらい事故死的なクライマックス。ざわついてました(笑)
してやられた。
ものすごく油断してしまった。
ジュゼッペ・トルナトーレ監督、上手だなぁ畜生。
__02540001.jpg

二回目の方が映画全体の仕組みが見えて面白いだろうね。
オイホノオ 11 (少年サンデーコミックススペシャル)

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 2

non_0101

こんばんは。
> ただ白い壁を映すカットがひどく残酷
本当にその通りで言葉もなかったです…
その結末は嫌だったのになあとため息でした。
せめて、ひとつだけでも愛を戻してあげて欲しいなと思ってしまいました☆
by non_0101 (2013-12-25 00:17) 

inuneko

non_0101様、コメントありがとうございます。
愛を戻して、出来ればあの部屋のモノも(笑)と見終わった瞬間思いましたが…時間が経つと、実はもう充分に支払われているのではないか?という考えも…。恋愛も人生もだいたいあんな値段じゃない?みたいな(加齢からくる?)あきらめが…!w
by inuneko (2013-12-25 12:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。