So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「トランス」(2013) [映画・テレビ]

絵画ドロ映画。
__0207.jpg


ところが盗んだ絵が行方不明。現場に居合わせた画商のマカヴォイはスタンガンで反撃を試みるも怒ったフランス人泥棒に頭を殴りかえされ何ヶ月も入院して頭蓋骨の中から血を抜くような大怪我をさせられて記憶をなくしてるから部屋と車を壊され荒らされても拷問で爪を剥がされても思い出さない。
で、美しい催眠治療家が登場。
催眠治療中のマカヴォイが彼女に導かれるのは、盗まれた名画だけが大切に展示されている想像上の場所。ちょっとここは涙が出そうになった。僕的なクライマックス。
マカヴォイの性癖、レストランの給仕と駐車場の受付の表情、いろいろ読み間違えた。

ダニーボイル的には久々、何の賞にも関わらないだろう気楽な小品ポイとこは好き。
マカヴォイの着地点は気に入らない。サブヒロインの彼女、最初から最後まで完全なるもらい事故じゃねーか!と。
浮かばれないわ。海に落ちただけに。

映画が終わった後、催眠つながりで渡辺謙さんの奥さん主演の「エンジェルダスト」を思い出した。彼女と催眠の恐怖の運命は未だに消化できないサイズ。

それにしてもお金を払って映画館に行って、大画面でiPadの画面アップを度々見せる演出は納得いかぬ。脚本としても演出としても安易過ぎない?
スマホ配信ドラマとかnotTVとかでやるアイデアじゃないの?
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。