So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「GODZILLA ゴジラ」(2014) [映画・テレビ]

作品世界への導入、巨大怪獣という荒唐無稽を現実の中に置く前段という意味で100点満点のオープニング。
本作を正式に第二作として良いのではないでしょうか。他のすべてを飛ばして。
初代白黒ゴジラの正当なる続編。
意図的に特撮合成風のレイアウトやセットを再現して最新技術でより美しく見せたあたり、製作者の正しい理解と愛情、敬意を感じました。
原因不明の地震で崩落していく日本の原子力発電所、ハワイの海岸に押し寄せる津波。
2011年だったら胸が痛くて見れなかったかもしれないな。今でも楽ではないけど見ることは出来る。
無意味に思える父の退場から息子へのリレーとか、呆然としすぎてる感のある芹沢博士の造形とか、人間側のドラマのつくりに気になるところは散見されましたがスルーできる範囲の物足りなさ。

そして、第二弾が決まったそうです。キングギドラとモスラとラドン、と顔なじみの怪獣たちが出るとか。
へぇ!と。
ゴジラがステキに太くごつくなったように三つ首と蛾も怖カッコよくなってくれるかと思うとワクワクしてしまう。そして今回の陸蝙蝠怪獣の会話よろしく三つ首や蛾にどんな科学的解説がつくのかも楽しみ。
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。